「先生より速い」8の字走行! 航空専門学校生の飛行機地上支援、「即戦力」の技術とは

航空専門学校4校の生徒が、羽田空港で「グランドハンドリング」の技術を競いました。トーイング・トラクターをバックで8の字に走らせる生徒。「先生より速い」というその技術と実力を見てきました。

北海道から大阪までの学校が参加

 航空専門学校グランドハンドリングコンテストが2019年9月11日(水)、羽田空港内のスカイマーク格納庫で初めて開催されました。

Large 190911 gh 01

拡大画像

バックにはANAの整備訓練機ボーイング737-500型(2019年9月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 グランドハンドリング(飛行機の地上支援)の技術を競うこのコンテストには、中日本航空専門学校(岐阜県関市)、日本航空専門学校(北海道千歳市)、大阪航空専門学校(大阪府堺市)、国際航空専門学校(埼玉県所沢市)が参加。各校の生徒チームが実力を披露しました。

 競技種目は、飛行機に積み込む手荷物や貨物を運ぶ「トーイング・トラクター」を使った8の字走行と、フォークリフト、トーイン・トラクターを使ったコンテナの積み下ろしです。

バックで8の字走行

Large 190911 gh 02

拡大画像

バックランプが灯るトーイング・トラクター(2019年9月11日、乗りものニュース編集部撮影)。

 8の字走行は前進だけでなく後進も行います。トーイング・トラクターは、コンテナを載せる車両「コンテナドーリ」を後ろに1台連結して2両編成で走行。クルマとコーンの距離は、わずか数10cmですが、コーンを倒してしまった生徒はごくわずかで、なかには前進時と同じくらいの速度でバック走行を行う生徒もいました。

【写真】コーンとの間隔はごくわずか!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント