お客様は険悪な夫婦、機材変更2時間待ち、どう接客すべきか… JAL接客コンテストとは

羽田地区を対象に、空港での接客サービスを競うJALの社内コンテストが開催されました。“競技項目”は「アナウンス」と「接客ロールプレイ」。実際にあり得る難しい状況設定のなか、その対応力が競われています。

「アナウンス」と「接客ロールプレイ」

 JAL(日本航空)グループが2019年10月1日(火)、羽田地区の旅客サービス部門スタッフを対象に、接客コンテストを開催しました。同グループの中期経営計画にある「世界トップレベルのお客さま満足の実現」のため、ヒューマンサービスを向上させる取り組みの一環として行われたものです。

「JALは、安全のプロフェッショナルを目指すと同時に、サービスのプロフェッショナルも目指します。オリンピックを控え、様々な国籍の方が羽田へ来られます。外国語でも臨機応変に対応し、相手を安心させられる接客を目指してください」(JALスカイ 屋敷和子社長)

Large 191001 jalmanner 01

拡大画像

「サービスプロフェッショナルコンテスト」の様子(2019年10月1日、大藤碩哉撮影)。

 コンテストでは、日本語と英語での「アナウンス」と、カウンターを想定した「接客ロールプレイ」を競います。

「アナウンス」で設定されたシチュエーションは、「搭乗開始15分前に飛行機のオイル漏れが確認され、機材変更が決定。手配にはさらに90分を要すため、出発時刻を2時間後に設定し、ミールクーポンを配布する」という内容です。

 評価のポイントは、「分りやすい表現であること」「イレギュラー時の対応でもお客様へ安心感を与えるよう工夫し、寄り添いの姿勢が伝わるか」。発話のみとはいえ、参加者は表情や話の抑揚などに留意しながら情報を伝えていました。

【写真】ライブ会場のようなコンテスト応援席

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 接客より先にグランドスタッフとCAとが仲良くやれよ
    CAはグランドスタッフを子会社社員だと思って上から目線で見るのをやめてくれ
    見ていて不愉快