地上230m屋上屋根なし「渋谷スクランブルスクエア」展望台へ行く 充実トレインビュー

新登場「渋谷スクランブルスクエア」は、高さ約230mの渋谷最高峰。屋上の屋根なし展望施設「SHIBUYA SKY」が大きな特徴です。実際に行ったところ、山手線と渋谷名物スクランブル交差点のコラボなど、鉄道の楽しさもありました。

かつての東急東横線・渋谷駅跡地に誕生

 地上時代の東急東横線・渋谷駅跡地に建設された、地上47階建て、高さ約230mで“渋谷最高峰”という「渋谷スクランブルスクエア」の第I期(東棟)。14階と45階、46階、そして屋上に展望施設「SHIBUYA SKY(しぶやスカイ)」を設けているのが、特徴のひとつです。屋上には屋根がなく、渋谷駅前のスクランブル交差点や新国立競技場、東京タワー、東京スカイツリー、東京湾、そして富士山の360度パノラマを、空気に触れながら“体感”できます。

Large 191024 sky 01

拡大画像

「SHIBUYA SKY」46階から屋上の「SKY STAGE」へ上がるエスカレーター。ここも屋根がない(2019年10月24日、恵 知仁撮影)。

 2019年11月1日(金)のオープンに先駆け、10月24日(木)に行われたマスコミ向けの内覧会へ行ったところ、さすがJR渋谷駅などに隣接する旧東横線渋谷駅跡地のビル、なかなかに「鉄分」が高いことが実感できました。

【写真】「渋谷スクランブルスクエア」展望台からの大パノラマ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント