銀色ピカピカのタンクローリー なぜあんなにピカピカなの? 実は意味がある鏡面仕上げ

ピカピカに磨かれた無塗装のタンクが、まるで鏡のように周りの風景を映し出しながら走るタンクローリー。あのタンクの素材や、ピカピカの「鏡面仕上げ」には、納得の意味がありました。

塗装の必要なし ステンレスローリー

 タンクローリーのなかには、ピカピカに磨かれたシルバーの無塗装タンクを搭載し、それに周囲の風景を映し出しながら走るものがあります。あのタンクの素材や、表面の「鏡面仕上げ」には、それぞれ意味があるようです。

 タンクローリーのメーカーである極東開発工業(兵庫県西宮市)に、詳しく話を聞きました。

Large 191113 lorry 01
タンクが鏡のように周囲の風景を映す銀のタンクローリー(画像:vacclav/123RF)。

――タンクローリーのタンクは、何でできているのでしょうか?

 大きく分けて鉄、アルミ、ステンレスの3種類です。そのうちステンレスのものは、主に牛乳などの食品や化学薬品を運ぶ車両、あるいは飲料水を積む給水車など、どちらかというと特殊用途に用いられます。

 このような積載物に、錆びや塗装剥がれなどの不純物が混入すれば大変なことになりますので、腐食に強く、塗装で金属を保護する必要のないステンレスは、衛生管理の厳しい積載物に適しているのです。なので、タンクは無塗装で、納品前に磨き上げたり、内部にコーティングを施したりするケースが多いですね。

――あれほどピカピカに磨くのは、どのようなメリットがあるのでしょうか?

 耐久性がアップするからです。また、食品工場など衛生面にシビアな場所へ納品するケースが多いので、キレイなイメージを維持するため、タンクも含めクルマもきれいにされている傾向です。当社でも、タンクの再コーティングや再研磨などのメンテナンスに対応しています。

※ ※ ※

 ちなみに、タンクローリーには大きく分けて、タンクの断面形状が楕円のものと真円のものがあります。極東開発工業によると、楕円のタンクは、内容物が下のほうに溜まりやすいので、走行時の重心が低く、クルマが転倒しにくくなるとのこと。一方、真円のタンクは高圧ガスや流動性の低い液体に用いられるそうです。

【了】

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

【図解】ローリーのタンク内構造 ただの「筒」にあらず

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

5件のコメント

  1. これホントに取材した?「耐久性がアップするからです」聞いたことないんですけど、何が根拠で、何の耐久性なんですかね。勝手な憶測で発言をつまんで記載しているとしか思えない。

    • 細かいキズに水分がとどまると酸化被膜ができず、錆が発生する

    • ステンレスは全く錆びないわけではない。ただ、その組成から普通の鉄と比べ、著しく錆びにくい金属であることは間違い無い。それをはき違えないことです。例え、細かい傷が入ろうが、表面を研磨しようが、不動態被膜はすぐに修復され、例え水分が介在しようがそう簡単には錆びない(そうでなければステンレス水筒はすぐに錆びてしまうはずですが、、、?)。ただ一方、錆びている物を接触させ続けると容易に錆びてしまう(もらいサビ)側面もある。メーカーの人はその辺を説明していると思うが、取材側の理解不足であろうかそれをまるごと端折っている。残念な記事だと言えよう。

  2. >耐久性がアップするから
    何で耐久性がアップするのかの説明が欲しかった。

  3. 勉強してこい!