郵便配達の赤いバイクが電動化 都内で稼働開始 「郵政カブ」後継 ホンダ

郵便配達の赤いバイクが電動化、稼働を開始しました。

Large 200117 md 01

拡大画像

2020年1月17日より運用開始された、新しい郵便配達用の電動バイク、ホンダ「BENLY e:(ベンリィ イー)」(画像:ホンダ)。

 日本郵便とホンダは、郵便配達業務で使用する電動バイクとして、ホンダの「BENLY e:(ベンリィ イー)」の導入に合意、2020年1月17日(金)より使用を開始しました。

 これは2017年3月23日に日本郵便とホンダが、郵便配達業務における電動車両を用いた社会インフラ整備に向け交わした覚書に基づくものです。「郵政カブ」の俗称でも広く知られる、現行の赤い郵便配達用バイクに替わる電動車両の検討が続けられてきました。

 新しく郵便配達用に採用される電動バイク「BENLY e:」は、スクータースタイルに赤い塗装が施されています。日本郵便はこれを2019年度中に200台導入、新宿、日本橋、渋谷、上野郵便局の4局から使用を開始します。

 今後は東京都をはじめ首都圏の近距離配達エリアに配備するとともに、一部の地方主要都市の郵便局にも配備、その実用性を検討するとしています。2020年度中には2000台程度の導入を視野に入れているそうです。

 ホンダは「本電動二輪車の導入により、2020年度末には東京都内における郵便配達業務用二輪車の2割が電動二輪車となる予定です」としています。

【了】

【写真】おなじみ郵便配達の「赤いバイク」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. なんで都内だけからなんだろね? 試行なら都市部と農村部と山岳部と同時開始すれば、全国展開早められそうなのに。

    もいっこ、回生ブレーキ付けないの? 二輪では制御が難しい? それとも単純にコスト?