セダン型タクシー約1500台「JPNタクシー」への切り替え完了 日本交通

グループ全体では6割が「JPNタクシー」だそうです。

Large 200124 jpn 01

拡大画像

日本交通の「JPNタクシー」(画像:日本交通)。

 東京都内タクシー大手の日本交通は2020年1月24日(金)、直営事業所のセダン型車両約1500台全車について、次世代型車両「JPNタクシー」へ切り替えを完了したと発表しました。

「JPNタクシー」は2017年にトヨタから発売されたワゴン型車両で、旧来のセダン型車両からの置き換えが全国的に進行しています。日本交通では直営営業所以外の提携会社でも導入が進んでいるとのこと。2019年末現在、都内に所在するグループのタクシー4605台のうち、62%にあたる2836台が「JPNタクシー」になっており、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」での車種指定も可能だそうです。

 日本交通によると、「JPNタクシー」は広い室内空間やスライドドアの開口部が多くの利用者に好評で、同社のリサーチにおいては、乗車した人の約86%が「広くて快適」、約76%が「また乗りたい」と回答しているといいます。

【了】

【写真】「JPNタクシー」の導入で数を減らす「東京四社カラー」タクシー

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 発車時に走行しながらスライドドアを閉める乗務員が9割です。
    危険行為を改善してほしいです。

  2. ハッキリ言って邪魔
    地方のゆとりがある場所での乗降なら構わないが
    東京で交差点内で乗降させて、なかなか動き出さない
    乗降して道を塞いで、信号が変わってしまう事がしばしば
    本当にジャマ
    改善を求める

    • それって車種に関係あります?
      大きさで言うならNV200や個タクのエスティマなんかの方が遥かにじゃまだけど。