箱根登山ケーブルカーのリニューアル車両 3月20日デビュー 25年ぶり更新

「バーミリオンはこね色」と青色の2本で登場!

Large 200130 hkncable 01
リニューアル車両のイメージ(画像:箱根登山鉄道)。

 箱根登山鉄道は2020年1月30日(木)、強羅駅(神奈川県箱根町)と早雲山駅(同)を結ぶケーブルカーの車両を25年ぶりに更新すると発表しました。

 1号車は箱根登山鉄道の3000形電車「アレグラ号」と同じ「バーミリオンはこね色」、2号車は箱根山から見る青空をイメージし青色です。編成両端の側面にはケーブルカーの複線部をイメージしたというリボン状のモチーフを配置。リボンは、強羅と早雲山、鉄道とロープウェイ、人と人を「つなぐ・結ぶ」とともに、「REBORN(リボーン、復活・再生)への祈り」などの意味が込められているといいます。

 車輪のある台車部分は、既存のケーブルカーのものが使われています。

 リニューアル車両の運行開始は3月20日(金・祝)の予定です。ケーブルカーは現在、施設と車両の更新工事のため運休しており、強羅~早雲山間で代行バスが運行されています。

 なお、登山電車は2019年10月の台風19号の影響により、箱根湯本~強羅間で運休が続いており、路線バスへの振替輸送と、代行バスの運行が行われています。

【了】

【画像】リニューアル車両を正面から見る

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント