フェリーさんふらわあ「瀬戸内海昼クルーズ」2020年も開催 本四3橋を昼間に通過

夜行フェリーを昼に運航!

Large 200210 setonaikai 01
瀬戸大橋を通過する様子。昼の運航ならば、本州と四国を結ぶ橋をすべて明るい時間に通過する(画像:フェリーさんふらわあ)。

 フェリーさんふらわあは2020年2月10日(月)、2020年に開催する「昼の瀬戸内海カジュアルクルーズ」の予約を開始しました。

 ふだんは夜行で運航する瀬戸内海航路の神戸発大分行きを、昼間に運航するもので、例年4回開催しています。2020年の日程は5月24日(日)、6月14日(日)、10月18日(日)、11月8日(日)です。

 神戸港を出発後は、午前中に明石海峡大橋、午後に瀬戸大橋、夕方に来島海峡大橋を通過し、22時に大分港へ到着します。料金は1万4700円(船室「ツーリスト」で旅客のみの金額)からです。

 なお、大分港到着後、利用した船室に翌朝まで宿泊できる「ホテルシップ」も別料金で予約可能。こちらは船内での朝食バイキング付きです。

 フェリーさんふらわあは、「瀬戸内海航路の最大の魅力である『多島美』の美しい風景とともに、『昼の瀬戸内海カジュアルクルーズ』にて非日常の船旅を是非お楽しみください」としています。

【了】

【航路図】「昼の瀬戸内海クルーズ」本四3橋の通過時間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ホテルシップは予約?昨年までは運賃抱き抱えで知らない人はホテルシップに誘導されてしまう汚ない商売をしていたがな
    運賃も2010年から比較して倍近い運賃に上がってるし、出航7日前に🈵を偽装して平然と予約を締め切る天涯孤独な会社だからな。