愛知産「ボーイング787主翼」1000機に ユニーク貨物機B747「ドリームリフター」で渡米

中部地方で多くのパーツが製造されているボーイング787型旅客機ですが、その1000機目ぶんの主翼が、ユニーク貨物機「ドリームリフター」に載せられ、中部国際空港からアメリカに輸送されました。

ローンチカスタマーはANA 特徴的な翼は中部産

 アメリカの航空機メーカー、ボーイングと中部国際空港(セントレア)は2020年2月12日(水)、ボーイング787シリーズ1000機目に使われる主翼部分が、貨物機「ドリームリフター」へ積み込まれる様子を報道陣に公開しました。

Large 200211 78 01

拡大画像

中部国際空港で公開された「ボーイング787 主翼輸送」の様子(2020年2月12日、乗りものニュース編集部撮影)。

 ボーイング787は、2009(平成21)年に初飛行した双発エンジンの旅客機で、日本ではANA(全日空)やJAL(日本航空)、2020年5月に就航予定であるJALグループLCC(格安航空会社)のZIPAIRにも導入されています。このモデルを最初に発注し、同モデルの開発を後押しした「ローンチカスタマー」はANAで、2020年2月現在、世界で最も多くの787を保有する航空会社です。

 また、同モデルのパーツの約35%が、日本の中部地域で作られるなど、日本との関わりが深いモデルでもあります。787の外観上の特徴であり、今回「ドリームリフター」へ積み込む様子が披露された「しなる主翼」もそうです。

 主翼は三菱重工業製で、同社の名古屋航空宇宙システム製作所 複合材主翼センターで造られています。三菱重工業によると、この主翼の製造にはAI(人工知能)などの最新技術を取り入れたほか、自動穴あけ機やシール塗布ロボットなどを導入、効率化が図られているといいます。

787のしなる翼&異形の「ジャンボ」! ボーイング787 主翼輸送を写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント