異形の飛行機「ドリームリフター」 世界に4機のボーイング747、載せるのは「飛行機」

中部国際空港「セントレア」には時折、なんとも変わった形の飛行機が現れます。「ジャンボジェット」を改造したといいますが、こんな姿になってしまったのには、もちろん理由があります。

その形のおかげで通常の3倍に

日本では中部国際空港のみに現れる「ドリームリフター」(36秒)。

 中部国際空港セントレアでは時折、ひと目で「異形」と誰もが思うであろう、「ドリームリフター」なる飛行機が見られます。

Large 181227 dl 01

拡大画像

ボーイング747-400LCF「ドリームリフター」。「LCF」は「Large Cargo Freighter(大型貨物機)」の略(深谷真吾撮影)。

 原型機はボーイング747-400、通称「ジャンボジェット(ハイテクジャンボ)」で、機首の風貌や主翼に4発ぶらさがるエンジンに面影を残しますが、その膨らんだ胴体は大きく姿を異にします。しかも荷物を積み込む際には、機体の尾部が開くというのも特徴的です。

 この「ドリームリフター」、いわゆる貨物機なのですが、運ぶ荷物はボーイングの旅客機、787型機の大型部品です。

Large 181227 dl 02 Large 181227 dl 03 Large 181227 dl 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

中部国際空港に降り立った「ドリームリフター」(深谷真吾撮影)。
尾部が開くのも特徴のひとつ(深谷真吾撮影)。
日本貨物航空の747-8F。「ジャンボ」の貨物機で、機体前部が開くノーズカーゴドアを備える。

 787型機の部品は世界各地で分担生産されており、日本にも中部地方にいくつか生産工場があります。なかでも大型の部品である主翼部分は名古屋市で作られており、そうした大型部品を分解せず、アメリカのワシントン州にある最終組み立て工場へ輸送するのが「ドリームリフター」の役目で、それゆえのこの形なのです。2018年12月現在、世界中で4機が運航されています。

 なおその貨物積載容量は、747-400の貨物機型に比べ約3倍にもなるそうです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181227 dl 05
  • Thumbnail 181227 dl 01
  • Thumbnail 181227 dl 02
  • Thumbnail 181227 dl 03
  • Thumbnail 181227 dl 04

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. たぶんこの4機が世界で最後まで生き残る747なんじゃないかな

  2. 政府専用機の写真を載せる意味が分からない

  3. 確か10年近く前にボーイング787の試作機が並んでセントレアに来てたけどな。
    あの時に話題になってたし見に行った記憶がある。
    詳しくは判らないけど今、セントレアにある展示機のボーイング787はその時にいた機体じゃないかな?

  4. こういう巨人機かつ異形の機体は大好物です。
    ミニチュアも買いましたw
    マッドサイエンティストもので、この機体を双胴6発化したような機体が出れば楽しみだなあw

  5. そうそう、テールが折れて荷物を搭載するけど、その開閉はどうするか?

    答え:トラクタで押して。
    自動だと思ってたから、けっこう驚いた。

  6. 元機が全てアジア系エアライン(中国国際、チャイナエア×2、マレーシア)なんですね。
    同じ仕事してるエアバスのベルーガさんがA300-600Rベース(新造機。なおベース機体は2007年生産終了)からA330ベース(新造機。ベース機体は現在生産中)に変わるので、ドリームリフターもB747-8ベースの新造機でも作るのかな?