東北中央道 2022年度内に福島・山形県内200km開通 日本海沿岸道も開通見通し発表

2020年代は東北地方の道路整備が加速します。

Large 200212 tohoku 01
東北中央道「新庄金山道路」昭和IC付近の施工状況。2019年5月現在(画像:東北地方整備局)。

 国土交通省東北地方整備局は2020年2月6日(木)、東北地方における高速道路の開通見通しを発表しました。

 福島県相馬市から山形市を経て、秋田県横手市を結ぶ東北中央道の開通予定は次の通りです。事業名、区間、距離、開通時期の順で記載します。なお、ICやJCT名は仮称のものがあります。

●東北中央道
・「相馬福島道路」国道4号IC~桑折JCT(福島県伊達市~桑折町)2.0km 2020年夏ごろまでに開通
・「相馬福島道路」霊山IC~国道4号IC(福島県伊達市)10.2km 2020年度末開通
・「東北中央道(東根~尾花沢)」東根北IC~大石田村山IC(山形県東根市~村山市)13.4km 2022年内開通
・「泉田道路」新庄北IC~昭和IC(山形県新庄市)8.2km 2022年度開通
・「新庄金山道路」昭和IC~金山IC(山形県新庄市~金山町)5.8km 2025年度開通
・「横堀道路」下院内IC~雄勝こまちIC(秋田県湯沢市)3.7km 2025年度開通

 福島県相馬市から山形県新庄市までの約200km区間は、2022年度までに開通する見込みです。なお、山形県内の「金山道路(3.5km)」、および山形・秋田県境の「真室川雄勝道路(7.2km)」の2区間については、一定の用地進捗が図られた段階で開通見通しを発表するそうです。

【画像】一般道含む県別の道路開通見通し

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント