国鉄型「201系通勤電車」運行終了へ 大和路線 おおさか東線 221系に置き換え JR西日本

JR京都線・神戸線、大和路線、おおさか東線などで車両を更新します。

Large 200219 jrw201 01

拡大画像

運行を終える201系電車(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2020年2月19日(水)、国鉄時代から使用している201系通勤形電車について、車両の置き換えに伴い運行を終了すると発表しました。

 201系は国鉄時代の1979(昭和54)年に試作車が造られ、1981(昭和56)年から量産された電車です。車両を継承したJR東日本は、中央線快速や京葉線などで使用していましたが、現在は営業運転からすべて引退。一方、JR西日本は関西本線(大和路線)、おおさか東線などで現在も使われています。

 そのJR西日本では、2020年度から2023年度にかけて、新造した225系電車144両を東海道本線・山陽本線(JR京都線・神戸線)などに投入。現在、おもにJR京都線・神戸線の快速で使用している221系電車は、大和路線、おおさか東線に移します。これによりJR西日本の201系は、2024年にすべての車両の運行が終了する予定です。

 なお、JR京都線・神戸線などを走る223系の330両については、停車駅や運行情報を表示するディスプレイの設置が、2020年3月中旬以降、2021年度にかけて進められます。

【了】

※一部修正しました(2月19日17時00分)。

【写真】新たに投入される225系電車

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. じや奈良線は放置プレイとなるのね。だってまだ103系が現役バリバリなのに、それを置き換える話が一言もないじゃん。

  2. 201系よりも残っている103系をなんとかせいや。
    いつまであんな電気を食う電車使うつもりだ。

  3. 225系は不細工だからきらい。なぜ221系を作り続けないのか。意味が分からない。

    • なぜ鋼鉄製で制御装置も一昔前の物でクラッシャブルゾーンもLCDもない221系を作り続けないといけないのか、意味が分からない。