JAL羽田空港国内線カウンター「JAL スマートエアポート」に進化 荷物預け1分以内も?

JALの羽田空港国内線チェックインカウンターがリニューアルされます。「JAL スマートエアポート」の名のもと新設備が導入されており、なかでも目玉は「自動手荷物預け機」です。どのような工夫が凝らされているのでしょうか。

羽田空港のJAL新チェックインシステム 保安検査までの時間を30分から5分に

 JAL(日本航空)の羽田空港国内線チェックインカウンターが、「JAL スマートエアポート(SMART AIRPORT)」の名のもとリニューアルされます。この様子が2020年2月20日(木)、報道陣に公開されました。同社の国内線施設としては初の取り組みとなります。

 JALによると、これまで羽田空港において、最繁忙期にはチェックインから荷物預けまでおよそ30分かかることもあったそうですが、今回のリニューアルにより「荷物預けはひとりあたり5分以下を目指す」としています。羽田空港はどのように変わるのでしょうか。

Large 200220 hndt1 01

拡大画像

羽田空港で披露された「JAL SMART AIRPORT」の様子。手前に新自動チェックイン機、奥に新自動手荷物預け機(2020年2月20日、乗りものニュース編集部撮影)。

 リニューアルの目玉は、新たに設置された手荷物タグ発行に対応した自動チェックイン機12台と、自動手荷物預け機6か所です。これらは3月16日(月)まで試験運用され、17日(火)から本運用が開始される予定です。

 新たな自動チェックイン機の画面は、途中から「手荷物を預けるかどうか」という選択肢が出てきます。案内に従い入力をすると、機械下部から荷物タグが発行されるので、これを預け荷物に取り付けます。

 自動手荷物預け機は大きなディスプレイと、左右に預け口が1つずつ設置されたユニークな形が印象的です。預け口に荷物を置いたのち、航空券のバーコードなど搭乗に必要な情報を機械の「くぼみ」部分に設置されたセンサーで読み取らせ、危険物の所持確認をタップすると、控えが発行され預けの手続きが完了します。JALによると「慣れた人であれば1分以内で済んでしまうでしょう」と予想しているそうで、その操作のシンプルさがうかがえます。

リニューアルしたJAL羽田空港の設備を写真でチェック

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント