JAL 長崎離島から都内レストランへ鮮魚を同日輸送 遠隔操縦の「無人ヘリ」使い実験

実験では「国内初」という試みもされたそうです。

無人ヘリ&陸路&JAL便を組み合わせ「同日配達」

 JAL(日本航空)が2020年2月25日(火)、長崎県内の離島空港間で、無人ヘリコプターによる目視外貨物輸送実験を2月18日(火)から19日(水)に実施したと発表しました。

Large 200225 jal 01
実験に使用されたヤマハ製無人ヘリコプター「FAZER R G2」。最高速度時速72km 積載重量35kg 航続距離90kmという(画像:JAL)。

 18日の実験では、長崎県内の上五島空港と小値賀空港の往復およそ46kmを、無人ヘリコプターで目視外飛行。機体には保冷容器に医薬品を想定した模擬貨物を載せ、冷温を保ったまま輸送、温度計測データを使い輸送中の貨物温度などを確認しました。

 19日の実験では、上五島産で朝獲れたクエなどの鮮魚およそ20kgを、上五島空港から九州本島の西海市まで約35km無人ヘリコプターで空輸。長崎空港まで陸送ののち、羽田空港行きのJAL便で空輸し、同日中に都内レストランまで運ばれました。ここでもデータで輸送中の貨物温度などを確認しています。

 海上飛行はヤマハ発動機の都田事業所(静岡県浜松市)より衛星通信経由で遠隔操作で実施され、離着陸は現地操作といいます。

 なお、無人ヘリコプターにより空港間を目視外飛行で輸送した実験は、国内初とのことです。JALは今後、環境整備とより大きな無人航空機が開発されていくことを視野に事業化の可能性を探っていくほか、既存の航空輸送を組み合わせ、離島地域とも物流ネットワークを構築し新たな貨物需要を開拓するとしています。

【了】

【地図】JAL「無人ヘリ輸送」の飛行ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント