ANA 国内線次世代主力機を「ボーイング787-10」に 11機を追加発注 787-9も9機追加へ

ANAのボーイング787シリーズ発注数は103機になります!

国内線用ボーイング777の後継として「787-10」

 ANA HD(ホールディングス)が2020年2月25日(火)の取締役会で、ボーイング787-10型機11機と、ボーイング787-9型機9機、計20機の787シリーズの追加発注を決定したと発表しました。

Large 200225 b8 01

拡大画像

手前がANAのボーイング787-10型機で、奥がボーイング787-8型機(2019年、伊藤真悟撮影)。

 ボーイング787-10型機は、787シリーズで最長胴(全長68.3m)の長さを持つ最新モデルです。ANAでは同モデルを2020年2月時点で2機導入し、国際線で使用しています。今回追加発注する787-10型機は、同社初となる国内線用。現在の国内線主力機のひとつ、ボーイング777型機の後継モデルとして導入します。ANAでは、国内線主力機材を787シリーズに統一することでより高い効率性を追求するとのことです。11機はすべて確定発注で、2022年度から2024年度の納入を計画しています。

 ボーイング787-9型機は、787シリーズの長胴(全長62.8m)モデルです。ANAでは2020年2月時点で、国際線仕様機31機、国内線仕様機2機の計33機を保有しています。今回は「国際線の中長期における成長原資」として、確定4機とオプション5機の計9機の787-9型を追加発注。これらは2024年度から2025年度の納入を計画しています。

 ANAグループは、ボーイング787シリーズの開発を後押しした「ローンチカスタマー」で、今回発注されていない787-8型機を含む3モデルからなる787シリーズを、世界で最も多く保有する航空会社です。今回の追加発注で787シリーズの発注機数は、オプションを含めて103機となります。

【了】

【表】2020年2月時点のANA「B777&B787」保有数

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント