ANA 国内線空席待ちサービス一新 希望便選択制に 呼び出し場所も全空港で統一 4月から

ANA国内線の空席待ちシステム、デジタル化します。

自動チェックイン機や電子式看板を活用

 ANA(全日空)が2020年3月11日(水)、国内線の空席待ちサービスを変更すると発表しました。この新サービスは4月1日(水)より開始されます。

Large 200311 ana 01
ANAの飛行機(2020年1月、乗りものニュース編集部撮影)。

 これまで空席待ちの希望者には、空席待ち整理券を路線別に発行していましたが、新サービスでは、搭乗希望便(複数選択可)を指定しての申し込みが、自動チェックイン機からできるようになります。自動チェックイン機を使うことで、これまでよりスムーズに申し込みを行うことが可能とのことです。

 また、呼び出し方法も、現行の空席待ち整理券の種別と番号をアナウンスで呼び出し、係員が1人ずつ手続きする方式から、搭乗口付近の電子式看板に名前の一部と空席待ち番号を表示する方式に変更します。

 このほか、これまで空港によって異なっていた呼び出し場所を、全空港で保安検査場通過後のゲートエリアに統一。呼出し開始時刻も現行の出発時刻の25分前から、20分前に変えるとのことです。

 ANAはすべての国内空港で統一したご案内を実現することで、お客様の利便性向上に繋げたいとしています。

【了】

【画像】デジタル化が進むANA国内線「空席待ち」サービス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント