飛行16時間 新型コロナの影響で「世界最長国内線」が運航される エアタヒチ便

航続距離に定評がある787でもギリギリです。国内線なのに。

アメリカ経由が新型コロナで難しく…

 航空機追跡サイト「フライトレーダー24」は日本時間2020年3月16日(月)、同社のTwitterで、南太平洋にあるフランス領タヒチの航空会社、エアタヒチヌイが「世界最長の国内線」を運航をしたと投稿しました。

Large 200316 long 01
エアタヒチヌイのボーイング787-9型機(画像:Olivier CABARET[CC BY〈https://bit.ly/39ULLFB〉])

 同サイトによると、エアタヒチヌイのパペーテ(タヒチ)発パリ(フランス)行きのTN64便が、1万5715kmの距離を運航。この距離は、シンガポール航空で「世界最長」とうたわれたこともある国際線、シンガポール~ニューアーク(アメリカ)線とほぼ同等です。

 平常時この路線は、パペーテからアメリカのロサンゼルス国際空港を経由し、パリに向かいますが、世界中で感染が広がる新型コロナウイルスの影響で、アメリカがヨーロッパからの入国制限を発表。それをうけロサンゼルスでの経由が難しくなったことから、直行便での運航になったそうです。

 同サイトによると、このフライトはおよそ16時間の飛行で、使用機材は294席を配するボーイング787-9型機。このモデルの航続距離は1万5000km弱ですが、現地メディアによると、このフライトの搭乗者数は150人程度。人数が少なく機体が軽い分、この距離での直行便を運航できたそうです。

【了】

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【地図】世界最長国内線の飛行ルート

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント