ブルーインパルス 聖火到着で1964年以来の「五輪」空に描く 久々のカラースモーク使用

2020年の「東京オリンピック・パラリンピック」の聖火が、日本に到着。航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、前回の東京オリンピック以来となる「五輪」を、久々のカラースモークで大空に描きました。

ブルーインパルス「五輪」を1998年以来のカラースモークで

「東京オリンピック・パラリンピック」の聖火が2020年3月20日(金・祝)、ギリシャのアテネより特別輸送機「TOKYO2020号」で、航空自衛隊の松島基地(宮城県東松島市)へ到着。「聖火到着式」が開催され、同基地を拠点としている航空自衛隊のアクロバット飛行チーム「ブルーインパルス」が、大空にオリンピックシンボルの「五輪」を描きました。

Large 200320 bi 01

拡大画像

聖火到着にあたりT-4「ブルーインパルス」が大空に描いた「五輪」(2020年3月20日、恵 知仁撮影)。

 残念ながら今回は強い風のため、円は短い時間で消えてしまいましたが、ブルーインパルスがオリンピックに関連し、その航跡で「五輪」を描くのは、1964(昭和39)年に開催された前回の東京オリンピック以来です。なお「五輪」は、5色のカラースモークで描かれています。

 ちなみにブルーインパルスはカラースモークを、染料の地上への影響などから1999(平成11)年以降、使用していませんでしたが(染料なしの白いスモークのみ使用)、このたびの五輪に向けてその課題を改善。今回、およそ20年ぶりにカラースモークを使った演技を披露しています。

 またブルーインパルスは「五輪」を描いたのにつづいて、5色のスモークを出しながら、今度は式典会場上空をまっすぐ通過していきました。

「ブルーインパルスと聖火到着式」の様子を写真でチェック!

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント