ブルーインパルス 聖火到着で1964年以来の「五輪」空に描く 久々のカラースモーク使用

早く到着した特別輸送機 規模縮小での到着式 聖火今後の予定は?

 聖火は、JAL(日本航空)とANA(全日空)がコラボしたボーイング787-8型機(機番:JA837J)の聖火特別輸送機「TOKYO2020号」に載せられ、松島基地へ到着。当初は11時ごろに着陸の予定でしたが、強い風が吹く可能性があったため、早められて9時30分ごろに松島基地へ到着しています。

Large 200320 bi 02

拡大画像

聖火特別輸送機から聖火を受け取る吉田沙保里さんと野村忠宏さん(2020年3月20日、恵 知仁撮影)。

 また聖火到着式は、世界的に感染が広がっている新型コロナウイルスの影響で、宮城県の子どもたちの参加が取りやめられるなど、規模が縮小されての開催になりました。

 到着した聖火は、東日本大震災からの復興に尽力する被災地の人々に向け、3月20日(金・祝)から25日(水)まで宮城県、岩手県、福島県の順に2日間ずつ「復興の火」として展示。そして26日(木)、福島県楢葉町・広野町にあるナショナルトレーニングセンター「Jヴィレッジ」より、国内の聖火リレーが始まる予定です。
 
 なお「東京オリンピック・パラリンピック」は、2020年7月24日(金)から開催が計画されています。

【了】

「ブルーインパルスと聖火到着式」の様子を写真でチェック!

Writer: 恵 知仁(乗りものライター)

鉄道ライター、イラストレーター。「鉄道」や「旅」に関する執筆活動や絵本の制作を行っているほか、鉄道車両のデザインにも携わる。子供の頃からの旅鉄&撮り鉄で、日本国内の鉄道はJR・私鉄の全線に乗車済み。完乗駅はJRが稚内で、私鉄が間藤。メインは「鉄道」だが、基本的に「乗りもの」好き。

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント