群馬/新潟県境に新トンネル 2022年春開通 国道17号「新三国トンネル」

防災事業の一環として開通します。

Large 200416 mikuni 01

拡大画像

新三国トンネルの施工状況(画像:高崎河川国道事務所)。

 国土交通省関東地方整備局 高崎河川国道事務所は2020年4月15日(水)、群馬・新潟県境で建設中の国道17号「新三国トンネル」が2022年春に開通する見通しを発表しました。

 長さ約1.2kmの新三国トンネルは、完成から60年以上が経過している現在の三国トンネルに並行して設けられます。この新トンネルの建設は「国道17号 三国防災」と銘打った事業の一環で、群馬県みなかみ町から新潟県湯沢町にかけての山岳区間の局部的な線形改良や、老朽した橋の架け替えなどとともに、交通の安全確保を目的としたものです。なお新三国トンネルは、2017年8月からトンネル掘削を開始し、2019年8月に貫通しました。

 群馬・新潟県境をまたいで車両が通行できる道路は、国道17号と関越道の2路線で、関越道が災害や事故により通行止めになった場合は、国道17号が代替になるばかりでなく、平時でも大型車の通行が見られます。高崎河川国道事務所はこの区間について、「物流や住民生活に不可欠な幹線道路」としています。

【了】
※一部修正しました(4月16日11時35分)。

新三国トンネルの地図と現在の三国トンネル

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. あの?形の旧トンネルじゃトラックきついよね、関越通れない緩和規準の幅広いトレーラー大変だよ

  2. トンネル行くまでが大変なんだけどねぇ。特に群馬側は道がグネグネで…。