「峠の釜めし」の釜どう使う? 「捨てずに再利用」と答えた人に聞いた使い道とは

「峠の釜めし」釜の活用法いろいろ

 釜を「捨てずに再利用している」と回答した人の、「その他」のおもな回答内容は次のとおりです。

・犬猫の水容器(25~29歳、男性ほか複数)
・灰皿(40~44歳、女性ほか複数)
・子どものままごと用のおもちゃに(50~54歳、女性)
・貯金箱(25~29歳、女性)
・生コンをこねる入れ物として(40~44歳、男性)
・穴を開けて電球のカサにしている(40~44歳、男性)
・地蔵さまの線香立て(35~39歳、男性)
・粉砕して小砂利に転用し自宅の外構に撒いた(45~49歳、男性)
・スマホを入れて即席スピーカーにしている(35~39歳、女性)
・塩入れ(45~49歳、男性)
・木炭を入れて消臭剤置き(45~49歳、男性)

「峠の釜めし」の購入目的が釜か中身か、という質問では、「中身と釜の両方」51.0%、「中身」45.8%、「釜」0.9%、「その他」2.3%でした。「その他」は次のような回答(抜粋)が寄せられています。

・20周年限定掛け紙(50~54歳、男性)
・学校の合宿の夕食(20~24歳、男性)
・修学旅行で頂きました(50~54歳、女性)
・名物だから(60~64歳、男性)
・考えず買っています(65~69歳、男性)

●アンケート実施概要
・調査期間:2020年4月15日(水)20時ごろから4月17日(金)10時ごろまで
・調査方法:Questantのシステムを利用して調査
・対象:「乗りものニュース」のSNS(Twitter、Facebook)のフォロワーなど
・有効回答数:1022

【了】

【写真】フィギュアになった駅弁「峠の釜めし」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 1合のご飯を炊く。荻野屋の公式ページを見れば、ほぼほぼ間違いなくおいしいご飯が炊けます。