直径300km超えの「世界最大の国旗」空に描かれる! トルコ航空機B777が航路で祝福

ボーイング777を筆代わりに、一筆書きしちゃってます。

トルコ国内では4月23日が「国民主権と子どもの日」

 航空機追跡サイト「フライトレーダー24」の公式Twitterによると、トルコ共和国に本拠を構える航空会社、ターキッシュエアラインズ機が現地時間2020年4月23日(木)、自機の航路を使って同国の国旗を描いています。

Large 200423 tk 01

拡大画像

ターキッシュエアラインズのB777-300ER型機(画像:ERIC SALARD[CC BY-SA〈https://bit.ly/2Y0cRb8〉])。

 トルコの首都アンカラにある、エセンボーア国際空港を現地時間午前9時39分に飛び立ったターキッシュのボーイング777-300ER型機は、「一筆書き」の要領で、同空港を拠点に国内を2時間38分フライト。三日月と五芒星が特徴的な同国の国旗を描きました。

 トルコでは4月23日が、同国で初めて国会が開かれた日であることから、「国民主権と子どもの日」という祝日となっています。「フライトレーダー24」によると、それを祝うため、このようなフライトが行われたとのこと。また、ここで描かれた国旗の直径は300km以上に及んでおり、同サイトはこれを世界最大の大きさのものといいます。

【了】

【地図】トルコ国内に描かれた「超巨大国旗」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント