ボーイング747は音速を超えたのか 対地速度1327km/h NY~ロンドン最短記録のカラクリ

最大速度988km/hのはずのボーイング747-400型機が、対地速度1327km/hに達し「音速を超えた?」と話題になりました。数字だけ見れば尋常ではない記録です。ブリティッシュ・エアウェイズBA112便になにが起きていたのでしょうか。

BAの「ジャンボ」が音速超え? NY~ロンドン航路で最短記録樹立

 2020年2月8日(現地時間)、ニューヨーク発ロンドン行きのブリティッシュ・エアウェイズ BA112便(ボーイング747-400「ハイテクジャンボ」)が、同路線において亜音速機の所要時間としては史上最短となる4時間56分で到着、これまでの5時間13分の記録を大幅に塗り替えました。

Large 200424 ba112 01

拡大画像

ブリティッシュエアウェイズのボーイング747-400型機。同社は2020年2月現在、32機の747-400を保有、運航している(画像:ブリティッシュエアウェイズ)。

 BA112便は予定よりも1時間22分早く到着し、旅客便運航情報サイト「フライトレーダー24」によると、途中の大西洋上、巡航高度約10500m(35000フィート)において、最大対地速度1327km/hに到達したことが明らかとされています。音速(マッハ1)は1224km/hですから、ボーイング747が音速に達したのではないかと大きな話題になりました。

 この記録的な速度は、大型低気圧「シアラ」が作り出した強烈なジェットストリーム(ジェット気流)による「追い風」が原因でした。

 空気中を伝わる音の速度「マッハ」は気圧や温度、湿度等の条件次第によって大きく変化するため、「標準大気」と呼ばれる指標が定められており、高度0mにおいて1224km/hであった場合、高度1万500mではおおむね1080km/hとなります。ボーイング747の巡航速度はマッハ0.85で918km/hですから、BA112便は計算上409km/hもの追い風を利用し1327km/hもの速度に達したと見られます。2月8日の観測におけるジェットストリームの風速は、最大418km/hでしたからほぼ一致しています。

 強烈な追い風とはいえ、なぜ亜音速機である747が音速を超えたように見えるのでしょうか、また、このような速度を出すことによって安全上の問題はなかったのでしょうか。

【フライトログ】対地速度1327km/h超! 2020年2月8日のBA112便

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 太平洋戦争でも、偏西風で米軍の爆撃機は大変困ったそうな。