新型コロナで「船から下りられない問題」世界の海運で深刻 長期間帰宅できない船員も

「国に帰れない船」世界中に

 日本郵船によると、こうした状況は3月ごろから予見されていたといいます。通常、外航船は事前に数か月分の食料などを買い込んでおり、当面は船のなかでも生活できるとのこと。ただ、影響が長期化すれば、乗組員のストレスや健康リスクが懸念されると話します。

「感染拡大の懸念による下船の規制について、たとえば直近の寄港から2週間以上を経た場合において交代を認めるなど、一定の条件で何とか緩和できないかと、国際機関に働きかけています」(日本郵船)

 いま世界では、寄港地での乗務員交代ばかりか、祖国に帰ることができなくなっている船が多いといいます。日本も例外ではないそうです。

【了】

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

「わたしたちは船に あなたたちは家に」日本郵船のメッセージ画像

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント