大分空港ホーバークラフト復活 課題どう解決するか? 世界で1航路のみ 県に聞く実現性

大分県が、2009(平成21)年に廃止されたホーバークラフトによる定期航路の復活に向け動き出します。廃止時点でも国内唯一、いまや世界でもひとつだけというホーバークラフト航路、復活に向けた課題を県に聞きました。

国内製造も終了しているホーバークラフト

 大分県が、2009(平成21)年に廃止された大分市~大分空港間のホーバークラフト航路を復活させる事業に乗り出します。大分県の広瀬勝貞知事は2020年3月4日(水)の会見で、2020年度から運航事業者を公募し、2023年度以降に運航を開始する意向を示しました。

 国東半島の東部に位置する大分空港と大分市のあいだは、別府湾を回り込むようなルートになるため、高速バスだと約60分を要します。県の交通政策課は、「他県と比べてもよくない空港アクセスの改善が非常に重要」といい、別府湾を横断する海上ルートの復活を2018年度から検討してきました。そして、大分市と空港を25分で結ぶホーバークラフトの導入が、費用やスピードの面でも妥当、という結論に至ったそうです。

Large 200309 hover 01

拡大画像

かつて大分ホーバーフェリーで運行されていたホーバークラフト(2009年10月、恵 知仁撮影)。

 ホーバークラフトは、かんたんに言うと高圧の空気で水面から浮上して高速航行する船で、一般的な船に必要な、港や航路の水深を確保する必要がありません。1970年代には各地の航路でホーバークラフトが見られましたが、その後は数を減らし、別府湾のものは国内で最後まで残ったホーバークラフトによる旅客輸送でした。

 運航していた大分ホーバーフェリーはすでに解散、国内で旅客船としてのホーバークラフトの製造も終了しています。2020年現在では世界的に見ても、定期のホーバークラフト航路としてはイギリスにひとつを残すのみです。

【地図】確かに海上を通りたくなる 大分市と空港を結ぶホーバークラフト航路のルート

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 子供の頃ホバークラフト乗りました。
    凄く快適な乗り物です。
    乗り物酔いの激しい私が全く酔いませんでした。
    学研の科学でも特集組んで紹介していた位の未来の乗り物って印象でした。

  2. 私は沖縄海洋博で乗りました。
    轟音が響く船内と水しぶきに包まれる窓が印象深いです。
    大分の廃止時に乗りたかったのですが、スケジュールが合わず…
    もし復活するなら、乗りにだけにw

  3. 宇高ホーバーと香港のに乗りました。大分のは着水の瞬間を見ました。