三菱重工 ボンバルディアの主力旅客機「CRJシリーズ」の業務を引き継ぎ 6月から

日本だとアイベックスがCRJを飛ばしています。

保守、カスタマーサポート、改修などを継承

 三菱重工とカナダの航空機メーカー、ボンバルディアは2020年5月7日(木)、新しく設立される三菱重工業グループ「MHI RJ アビエーショングループ(MHIRJ)」で、6月1日(月)からボンバルディアの「CRJシリーズ」の業務を開始すると発表しました。

Large 200507 mhi 01
三菱重工グループ、三菱航空機の「スペースジェット」(画像:三菱重工)。

 ボンバルディアが製造する「CRJシリーズ」は50席から100席クラスで、地方都市間の運航をおもに担当する「リージョナルジェット」のひとつです。2020年5月現在、日本の航空会社ではアイベックスエアラインズが、主力機としてCRJ700型機を使っています。

 同日より三菱重工は、CRJシリーズの保守、カスタマーサポート、改修、マーケティング、販売機能と、型式証明をボンバルディアから継承。これらには、カナダのケベック州ミラベル、オンタリオ州トロント、アメリカのウェストバージニア州ブリッジポート、アリゾナ州ツーソンのCRJに関するサービス・サポートネットワーク主要拠点を含みます。

 三菱重工は今後、CRJ業務と同社が手掛ける次世代リージョナルジェット「スペースジェット」ファミリーで、グローバルな航空機業界への包括的なサービスとソリューションを提供するとしています。

【了】

【写真】日本の航空会社で見られる「CRJ」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント