航空会社や空港を格付けするナゾ多き会社「スカイトラックス」 その調査項目は膨大!

毎年発表される、世界最高の空港ランキングや航空会社の格付け、羽田空港や成田空港、JALやANAも名を列ねる常連です。これを実施している「スカイトラックス」とはどのような会社で、どのように評価しているのでしょうか。

羽田、成田、中部、関西の4空港が10位以内に

 2020年5月、世界最高の空港ランキングが発表され、2位に羽田空港、7位に成田空港、8位に中部空港、10位に関西空港と、トップ10のうち4つに日本の航空会社がランクインしました。ちなみに1位はシンガポールのチャンギ国際空港です。

 また3月には、世界中の航空会社を対象とした格付けが発表され、JAL(日本航空)、ANA(全日空)がともに世界で10社のみの「5つ星」という最高評価をうけています。

 実はこれらふたつの評価を行い、毎年同時期に発表しているのはイギリスの「スカイトラックス(SKYTRAX)」社です。どういう会社で、どういった基準で航空会社や空港を評価しているのでしょうか。

Large 200514 skytrax 01
羽田空港のJAL機とANA機。空港、航空会社ともに「スカイトラックス」で高評価を獲得(2020年3月、乗りものニュース編集部撮影)。

 スカイトラックスは1989(平成元)年に設立された、航空会社や空港の専門的な調査、品質アドバイスを行うコンサルタント会社です。

 先述した航空会社の格付けは1999(平成11)年、空港の格付けはその翌年からスタートしており、「これらの品質をランキングする唯一のプログラム」としています。2017(平成29)年時点で、対象航空会社は150社以上、空港は100か所以上に上るとのことで、2017年以降は、JALやANAといったフルサービスキャリアだけでなく、LCC(格安航空会社)や地域航空会社も含み、その規模は年を追うごとに大きくなっています。

【表】世界の航空会社ランキングにはユニークな部門も

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント