JAL 自作「フェイスシールド」を大田区長に贈呈 区内医療機関へ 新型コロナで需要増

マスクも贈呈済みで、ともに羽田のJALスタッフの発案です!

フェイスシールドは整備部門作

 JAL(日本航空)は2020年5月25日(月)、同社の整備部門が作成した、顔を覆うことで飛沫などを防ぐ医療器具「フェイスシールド」50個を、東京都大田区の松原忠義区長へ贈呈しました。

Large 200525 jal 01

拡大画像

JAL「大田区長へのフェイスシールド等の提供」の様子。中央左が松原忠義太田区長(画像:JAL)。

 JALでは新型コロナ影響下の取り組みの一環として、整備部門でフェイスシールド、空港旅客部門で子供向けマスクを作成。同社社員の発案から、羽田空港のある大田区内で必要とされている人へ向け、これらの贈呈が行われています。

 羽田空港JALスタッフによるマスク贈呈は同空港に一番近い区立保育園「羽田保育園」に向け、5月8日(金)に行われており、今回のフェイスシールド贈呈はこれに続くものです。これらのフェイスシールドは区が受領したのち、コロナ対策で必要としている区内の医療施設へ配られる予定です。

【了】

【写真】JAL印の「手作りフェイスシールド」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント