「2時間ドラマの推理」のように旅を計画してみる いまこそ楽しみたい机上旅行の面白さ

時刻表や旅行ガイド、地図などを眺め、実際には行くかどうか分からない、行かないかもしれない旅を楽しむ「机上旅行」。それを楽しむ番組「友近・礼二の妄想トレイン」のMC、友近さんと中川家礼二さんに話を聞きました。

鹿児島まで寝台列車と新幹線で往復してみる 行かないけど

 時刻表や旅行ガイド、地図などを眺めながら旅行の計画をたて、広がる妄想もとい“夢”にワクワクする。実際に行く予定は特にないけれど――。

 こうした、いわゆる「机上旅行」。たしなんだことのある鉄道ファンは、少なくないと思います。筆者(恵 知仁:鉄道ライター)も、小学校で「机上旅行クラブ」に入っていました。

 また新型コロナウイルスの影響があるなか、それを楽しんでいる人、少なくないかもしれません。

 そんないま、「妄想の旅」を楽しむ“旅番組なのに旅をしない”斬新な視点の新番組「友近・礼二の妄想トレイン」が、2020年6月8日(月)21時00分、BS日テレで始まります。当初は4月13日(月)の放送開始予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期されていました。

Large 200401 moso 01

拡大画像

「友近・礼二の妄想トレイン」MCの友近さんと礼二さん(2020年4月1日、恵 知仁撮影)。

 番組MCのひとりで、鉄道ファンとしても知られる中川家の礼二さんも、住んでいる大阪から鹿児島まで寝台列車で行き、新幹線で帰るといった「妄想の旅」を昔から楽しんでいたそう。

 また新番組「友近・礼二の妄想トレイン」について、「本当に旅をした気分になれますので、ぜひ見ていただきたいです」と話します。

 ただ、「たまに友近と2人だけで盛り上がっちゃったりしますが、そこは我慢していただいて(笑)」と礼二さん。「旅は計画を立てているときが一番楽しい」ともいいますが、その醍醐味(だいごみ)が番組にあるからこそ、かもしれません。

「ばんだい」「ED751004」…鉄分豊富な「友近・礼二の妄想トレイン」収録現場

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント