これバス停!? 自販機でもある「スマートバス停」西鉄砂津に登場 ご当地パン販売

ベースになったのは、フードコートで見るアレ。

Large 200626 smart 01
スマートバス停(画像:シャープ)。

 シャープは2020年6月26日(金)、子会社のシャープマーケティングジャパン、および西鉄バス北九州ら計5社が協力し、北九州市小倉北区の砂津バスセンターで「スマートバス停」の実証実験を開始したと発表しました。

 同バスセンターに設置された「スマートバス停」は、自動販売機の機能を搭載しており、地元銘菓の「くろがね堅パン」を販売するとのこと。32V型液晶タッチパネルによる操作でこれを購入できるほか、購入者は本機上部のカメラで、小倉城や西鉄バスなどのオリジナルフレーム付き記念写真の撮影もできるといいます。またディスプレイには、時刻表や路線図のほか、地元のおすすめスポットやグルメ情報なども表示するそうです。

 この「スマートバス停」は、フードコートなどで料理の注文や精算ができるタッチパネル端末を応用したものだそう。支払いは交通系ICカードにより、現金は使えないそうです。また、撮影した記念写真は、撮影後にディスプレイに表示されるQRコードをスマートフォンで読み込むことで、ダウンロードが可能だといいます。

 実証実験の期間は1年間。シャープは、「バス停における物販や大型ディスプレイを活用した情報発信の訴求効果などを検証してまいります」としています。

【了】

【写真】スマートバス停が設置される西鉄バスの一大拠点

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント