潜水艦どれだけ深く潜れるの? 詳細な深度は最高機密 周辺国の保有艦は性能いかほど?

海上自衛隊の水中作業員は450mの深さまで到達

 前述したように、中国が潜水艦技術のフィードバックを目的に12隻、購入したロシア製のキロ級潜水艦も、潜航深度が300m程度といわれています。

Large 200625 sub 03

拡大画像

ロシア海軍のキロ級潜水艦(画像:統合幕僚監部)。

 これらの情報から類推すると、中国の元型潜水艦は、潜航深度に関してはおおむね300m以上400m程度といえるのではないでしょうか。

 なお、海上自衛隊が保有する潜水艦の潜航深度は公表されていませんが、潜水艦のトラブル対処などのため海上自衛隊に配備されている潜水艦救難艦「ちはや」には、深度1000m程度においても救助活動が可能なDSRV(深海救難艇)が搭載されているほか、同艦の水中作業員が過去、水圧に体をさらしつつ深く潜っていく飽和潜水という技術で、水深450mへ到達という記録を打ち立てています。

 アメリカのシーウルフ級原子力潜水艦の潜航深度が約500mといわれるため、海上自衛隊の潜水艦も同程度の潜航深度を有している可能性は否定できません。

 これらは、あくまでもカタログスペックです。前述したように詳細な潜航深度ではありませんし、当然、同型艦であっても艦ごとに細かく異なります。

 ちなみに、DSRVのような救難用の潜水艇を除いた、一般的な軍事用潜水艦で最も深く潜ったのは、旧ソ連の685型原子力潜水艦「K-278」で、1985(昭和60)年に深度1027mという記録を打ち立てています。

 しかし685型原子力潜水艦は、大深度潜航を可能にするため船体構造にチタン合金を用いており、コストや静粛性をあまり考慮しない設計だったようです。

【了】

【写真】静粛性は世界でも指折り 海上自衛隊のそうりゅう型潜水艦

Writer: 柘植優介(乗りものライター)

子供のころから乗り物全般が好きで、車やバイクはもちろんのこと、鉄道や船、飛行機、はたまたロケットにいたるまですべてを愛す。とうぜんミリタリーも大好き。一時は自転車やランニングシューズにもはまっていた。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. まぁ中華製についてはせいぜい400mくらいでしょうかね<(^^ 実際にはそれ以下でしょうけど。耐圧郭が水圧に耐えられないだろうし、発射管、推進軸、艦内配管の溶接個所からの漏水で”沈”でしょうね<(--

  2. 最近聞かなくなりましたが90'Sの頃は「水上艦のソナーでは潜水艦に深度400m潜られたら探知困難になり(>д

  3. なぜか切れましたね(T_T)先のコメントとつなげます(^-^)v
    600m潜られたら探知不能になる」と言われてました(ToT)
    今はどうなんでしょうね(^∇^)