秩父鉄道「夜行急行の旅」第4弾「三峰号」ツアー8月末開催 電気機関車の運転体験も

デキを運転できるオプションあり!

Large 200702 yakot 01

拡大画像

「三峰」のヘッドマークを掲げた秩父鉄道の電気機関車(画像:加藤篤史、日本旅行)。

 日本旅行と秩父鉄道が「夜行急行の旅」第4弾を企画しました。かつての夜行急行をイメージした列車が、2020年8月29日(土)から翌30日(日)にかけて運転されます。なお、今回はオプションとして、電気機関車の運転体験も盛り込まれます。

 夜行急行は「重連電機・12系客車 夜行急行『三峰51号』熊谷・石原行の旅」というツアーの専用列車です。秩父鉄道の12系客車と電気機関車2両が使われます。列車は熊谷駅(埼玉県熊谷市)を29日(土)22時10分ごろに出発し、普段は客車列車の営業運転がない熊谷~羽生間を1往復します。同区間の編成は「電気機関車+客車+電気機関車」です。

 列車は熊谷駅に戻ると編成を「機関車+機関車+客車」の前部重連に組み替えて、三峰口駅(埼玉県秩父市)へ。路線の終点・三峰口駅には翌30日(日)の午前2時40分ごろに到着し、そこで撮影会が行われます。そして再び列車は折り返して、熊谷駅には朝5時半ごろに到着。同駅での下車も可能なほか、この先、普通列車として運行する石原駅(同・熊谷市)まで乗車もできます。

 最少催行人員は100人、集合は熊谷駅です。旅行代金は、窓側2席占有が1万8000円(子ども1万6000円)、1ボックス(4席)占有が3万4000円(同3万1000円)です。なお、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、1人1席プランは設定されません。

 また、オプションの「デキ(電気機関車)運転体験」では、秩父鉄道の貨物列車や今回の夜行急行をけん引する電気機関車の運転が可能。8月29日(土)に、午前8時半からと12時半からの2コースが設定されます。集合と解散はひろせ野鳥の森駅(同・熊谷市)です。運転体験は講習を受けたあと、添乗員が同行して行われます。

 最少催行人員は20人、小学4年生以上が対象です。代金は一律7500円。日本旅行と秩父鉄道は、汚れてもよい動きやすい服装での参加を呼びかけています。

 旅行商品の申し込み受付は7月6日(月)15時から、日本旅行大阪法人営業支店のウェブサイトで行われます。

【了】

【写真】客車列車、重連でけん引

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント