時代に逆行 幻の「喫煙者専用航空」とは 機内はゴージャス! 日本就航計画も

航空会社では「機内禁煙」はいまや当たり前でしょう。しかしJAL、ANA、世界の航空会社が禁煙化するなか、あえて「嫌煙家お断り」の方針を打ち出す「喫煙者専用航空」が計画されていました。

2007年就航目指す 発起人ももちろん「ヘビースモーカー」

 日本では2020年7月より、「国内旅客運送約款」が改訂され「電子たばこ、加熱式たばこ含めた」客室内の喫煙禁止が明文化されるなど、飛行機内の禁煙が一層厳格化されています。

 たとえばJAL(日本航空)、ANA(全日空)で機内の全面禁煙化が実現したのは、1999(平成11)年のこと。以来日本の航空会社では、「飛行機の客室は禁煙である」というのがスタンダードなものとなっています。21世紀に入ると世界中の航空会社の大半でも、全面禁煙が常識となっていました。

Large 200715 smint 01

拡大画像

ANAのエアバスA380型機の機内。機内禁煙の表示は多くみられる(2019年、恵 知仁撮影)。

 ところがこの時期、いってしまえば「嫌煙家お断り」の航空会社が実は新たに設立されようとしていました。

 それは、イギリスのロンドンに本社を置く航空会社「Smoker's International Airways(スモーカーズ国際航空)」略して「スミントエアー(SMINTAIR)」。この発起人となったのは、ドイツの実業家アレクサンダー・ショップマンで、もちろんこの人もヘビースモーカーです。

「スミントエアー」は2007(平成19)年、同社最初の路線としてデュッセルドルフ(ドイツ)~成田線を開設する計画でした。

 最初の就航地に日本が選ばれたのは、当時の日本の喫煙率の高さも一因とされています。厚生労働省によると、2006(平成18)年当時の男性喫煙率は約40%。30歳から39歳の場合は、53%にも上ります。また、長距離フライトが要因のひとつとも。2020年現在、同区間で直行便を運航するANA便の場合、フライト時間は成田発が12時間、デュッセルドルフ発が11時間半です。

【画像】実は万が一のためにある「灰皿」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント