宅配ロボがそばをお届け 注文も配達も無人で完結 JR東日本子会社が高輪GW駅前で実験

対面接客なし!

Large 200717 jredeliro 01
宅配ロボット「DeliRo」(画像:JR東日本スタートアップ)。

 ベンチャーへの出資や協業を推進するJR東日本スタートアップと、自動運転・ロボット技術開発に取り組むZMPは2020年7月17日(金)、無人デリバリーサービスの実証実験を高輪ゲートウェイ駅前の広場で行うと発表しました。

 期間は8月12日(水)から16日(日)まで。今回の実証実験では、ZMPの開発した宅配ロボット「DeliRo(デリロ)」を活用し、注文から決済、デリバリーまでを完全キャッシュレスかつ無人で行われます。

 期間限定イベント「Takanawa Gateway Fest」でJR東日本フーズが出店する「高輪SOBA二八」と協力し、できたてのそばを、対面接客がない形で注文客のもとへ運びます。

 今後はこの実証実験を通じて、無人での注文からデリバリーまでの実現可能性を検証し、将来的には高輪ゲートウェイの街での実用化、デリバリーの人手不足解消に向けて検討していきます。

【了】

【写真】「高輪SOBA二八」のそば

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント