援軍電車 伊豆から北海道へ出発進行! 東急「ザ ロイヤルエクスプレス」と白い電源車

北海道を応援するため、伊豆の観光列車「ザ ロイヤルエクスプレス」が長い旅に出ました。東急とJR北海道、JR東日本、JR貨物が連携して行うもので、合わせて元「ゆうマニ」の「電源車」も、北海道に旅立っています。

静岡から北海道へ 地震からの復興を応援すべく

 静岡県の伊豆半島を走っていた電車が2020年7月21日(火)の早朝4時39分、伊東駅(静岡県伊東市)から遠く北海道へと旅立ちました。

 横浜~伊豆急下田間で、2017年7月から運行が開始された観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ザ ロイヤルエクスプレス)」。この列車を走らせている東急と、JR北海道、JR東日本、JR貨物が連携し、北海道胆振東部地震(2018年9月)の影響を受ける同地をその列車の運行で応援すべく、送り出したものです。

Large 200721 royal 01

拡大画像

JR貨物の機関車が、伊東駅から札幌まで「ザ ロイヤルエクスプレス」を輸送する(2020年7月21日、恵 知仁撮影)。

 北海道に旅立った電車「ザ ロイヤルエクスプレス」は、新型コロナウイルスの影響でスケジュールに変更が出たものの、2020年8月28日(金)から3泊4日のコースを3回走行。札幌から十勝、知床エリアなどを巡る予定です。

 ちなみに、この北海道3泊4日のコース、旅行代金は68万円(2名1室利用の基本料金。税別)。150名の募集に対し1232名の応募があり、倍率は約8.2倍だったとのこと。

 また今回、「電車」の「ザ ロイヤルエクスプレス」と合わせて、「電源車」も北海道へ渡ります。この「電源車」も、このたび初めてお披露目されました。

【写真】車両にはられていた、鉄道車両を伊豆から北海道へ送る「荷札」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 今需要があるのか?