駅弁も新型コロナに対応! 「飛沫感染予防シールド付き弁当箱」淡路屋が開発

手持ちで食べるための工夫も。

Large 200726 ekiben 01

拡大画像

飛沫感染予防シールド付き弁当箱(画像:淡路屋)。

 駅弁を製造・販売する淡路屋は2020年7月22日(水)、新型コロナウイルス感染予防対策を施した「飛沫感染予防シールド付き弁当箱」を開発したと発表しました。

 弁当箱を開けるとふたの裏側にシールドが折り込んであり、これを左右に広げて組み立てると三方向に壁ができあがります。こうすることで自分や他者の飛沫をシールドで遮ることが可能です。シールド下部には穴があり、ここに親指をかけて持ちながら弁当を食べるスタイルにも対応しています。

 シールドには疫病封じとしてSNSなどで話題の妖怪「アマビエ」が描かれています。8月上旬に一部商品で使用を開始し、その後も順次拡大する予定です。

【了】

【写真】シールド組み立て&食事イメージ

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント