ソラシドエアが業界初導入 利用者&スタッフ一挙両得の新アイテム「Air ウェイト」とは

ソラシドエアが羽田空港のチェックインカウンターで、新アイテム「Air ウェイト」の運用を開始します。新型コロナの影響で導入が決まった業界初導入のものといいますが、それ以外にも利用者、スタッフ両方にメリットがありそうです。

羽田空港ではカウンターに30人ほどならぶことも

 九州を拠点にする航空会社、ソラシドエアが2020年7月31日(金)から、羽田空港第2ターミナルの同社チェックインカウンターで、リクルート提供の受付管理アプリ「Air ウェイト」の運用を始めました。航空業界で初導入とのことですが、実際にどういったものなのか取材しました。

Large 200730 srsd 01

拡大画像

ソラシドエアに導入された受付管理アプリ「Air ウェイト」(2020年7月30日、乗りものニュース編集部撮影)。

 羽田空港のソラシドエアカウンターは、これまで立って列を作り自分の順番を待つというのが一般的でした。多い時には30人ほどが並ぶそうです。今回導入の「Air ウェイト」は、紙台帳や専用端末を使わずにiPadとプリンターで受付管理ができるアプリです。

「Air ウェイト」の月の使用費は2万円程度。利用者は受付時、銀行や役所のようなイメージで、番号券が発行されたあとは自分の番が来るまで待ち時間を自由に過ごせます。自身の待ち状況はカウンター上の電光掲示板だけでなく、券のQRコードをスマートフォンなどで読み込むことで、メールやコミュニケーションアプリ「LINE」でも把握することが可能です。

「LINE」とも相性抜群な「Air ウェイト」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント