ビシッと指さす車掌は本物? 新型新幹線「N700S」テレビCMの秘密

JR東海が13年ぶりに送り出した新型新幹線「N700S」。そのCMについて、どうやって撮影したのか、指差喚呼している車掌は誰なのか……といった疑問をJR東海に聞いたところ、映像や制作背景の様々なトリビアや裏話が出てきました。

実はふたつのN700Sが同時に映っている!?

 JR東海が13年ぶりに送り出した新型新幹線車両「N700S」。2020年7月1日のデビューと同時に、テレビCMの放映が始まりました。第1弾はYouTubeで1000万回以上再生され、8月1日からは、内容が第1弾とリンクしている第2弾の放映もスタートしています。

 この第1弾と第2弾のテレビCMに関する裏話やトリビアを、JR東海に聞きました。

隣にもいたN700S

 N700Sのライトが点灯するシーン、実は隣にも別のN700Sが停車。よく見ると、ライトが点灯するN700Sの車体へ、隣に停車しているN700Sの車体が映り込んでいます。

登場するN700Sはすべて量産車 確認試験車は出てこない

「実際にお客さまがご利用になる車両で撮影したかった」とのこと。確認試験車は、量産前に試験的な意味を込めて製造された車両で、1編成が存在します。

Large 200805 n700s 01

拡大画像

N700SのテレビCMで指差喚呼するこの人は……(画像:JR東海)。

試運転の予定に合わせて撮影

 撮影は、車両の検査や乗務員訓練のため行われたN700S量産車の試運転で行ったそうです。まず試運転のスケジュールがあって、それに合わせてどう撮影していくか、という形で、限られた時間のなか何をどうやって撮るか、車両部とひざをつき合わせて工夫したといいます。車内の映像も、試運転列車で撮影したものだそうです。

「鉄道の専門家」も参加

 どうすればN700Sらしさ、東海道新幹線らしさを出せるか、車体の見え方やアングルのチェックを事細かに行ったそうです。実際にCM制作を担当したJR東海社外のチームは、“鉄道の専門家”にも意見を聞いたとのこと。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント