ミグとスホーイ統合でロシア戦闘機どうなる? その背景と現状 そして今後は…

旧ソ連およびロシアの戦闘機開発を長年にわたり担ってきた、ミグとスホーイの両航空機メーカーが統合に向け大きく前進しています。いずれも世界を舞台に活動していたメーカーでしたが、背景に何があり、そして今後どうなるのでしょうか。

ロシアの戦闘機メーカー ミグとスホーイがひとつになって…どうなる?

 2020年2月7日、ロシアの航空機メーカーであるユナイテッドエアクラフトは、その傘下にある戦闘機開発メーカー、スホーイの最高経営責任者(社長・経営責任者)に、ミグ社最高経営責任者であるイリヤ・タラセンコ(Ilya Tarasenko)氏を選出し、スホーイ・ミグ両社の経営者のポストを統合したことを発表しました。スホーイ・ミグ両社の統合はかねてより計画されていましたが、これにより今後、ロシアの戦闘機開発は完全に一本化することになります。

Large 200815 mig 01

拡大画像

大型戦闘機スホーイSu-27と比較的小型のミグMiG-29。どちらも同じ設計思想のもとに開発開始されスホーイは大型機を、ミグが小型機を目指した(関 賢太郎撮影)。

 2020年8月現在、ロシアの航空機メーカーは、最も上部の組織として2006(平成18)年に発足したユナイテッドエアクラフトがあり、同社はスホーイ、ミグ、イリューシン、ツポレフ、ヤコブレフ、ベリエフといった、旧ソ連時代に「設計局」と呼ばれていた航空機メーカーを傘下に収めます。タラセンコ氏はスホーイ・ミグの最高経営責任者であるとともに、ユナイテッドエアクラフトの副社長を兼任しています。

 タラセンコ氏は1980(昭和55)年生まれの現40歳。スホーイにおいてキャリアをスタートしたスホーイの生え抜きであり、2009(平成21)年には29歳にして早くもミグ副社長、2016年にミグ最高経営責任者へ就任しており、すでにこの時点から、将来的に若いタラセンコ氏を中心としてスホーイとミグを統合する方向性が示されていたと見られます。

【写真】墜落事故で計画遅延か スホーイ最新ステルス機Su-57

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント