実現なるか「ロシア製戦闘機Su-30MKI来日 空自と共同訓練」その大きな意義 インド軍機

日本国内でロシア(ソ連)製戦闘機が見られる機会は貴重で、インド空軍のSu-30MKIが来日することにはそうした意義もありますが、実はこの戦闘機、輸出元ロシア国内のモデルよりも高性能といいます。どういうことでしょうか。

インド空軍のロシア製戦闘機が日本へ

 2019年11月30日、防衛省は2020年中にインド空軍主力戦闘機Su-30MKIと飛行隊を日本国内へ招待し、航空自衛隊戦闘機飛行隊とともに共同訓練を行う方針であることを明らかにしました。

Large 200121 su30 01

拡大画像

2020年中の来日を見込むインド空軍Su-30MKI。カナード+複座型は空気抵抗が大きく最大速度こそマッハ2.0を下回るがそれでも多用途戦闘機として十分(画像:インド空軍)。

 もし実現したならば、航空自衛隊の歴史において初めてとなるロシア製戦闘機が来日しての国際共同訓練となり、またロシア(ソ連)製戦闘機が来日する事実そのものも、恐らくは1976(昭和51)年9月6日に発生した、ヴィクトル・ベレンコ防空軍中尉の亡命事件においてミグMiG-25Pが函館空港へ強行着陸した事例以来、44年ぶりのできごととなる見込みです。

 インド空軍Su-30MKIは、名機ユナイテッドエアクラフト(スホーイ)社製Su-27シリーズの、数ある派生型のひとつであり、各種誘導兵器の運用能力に優れた複座多用途戦闘機型として、同軍は242機を保有しています。特に2002(平成14)年の配備開始時点においては、本家ロシア空軍の配備機を性能面で凌駕する逆転現象が生じていました。

 冷戦が終わり市場経済に晒されるなか、ロシアの工業製品としては国際競争力を持つ唯一の存在といってもよい戦闘機は、貴重な外貨獲得手段として高い性能が付与されました。また00年代のロシアは経済的に低迷しており、空軍の古い機体を近代化改修や更新する余力が全く無かったたため、必然的に他国機(インド空軍向け)の方が高性能になるという、輸出用に性能を制限する「モンキーモデル」とちょうど真逆の現象が生じたのです。

【写真】インド空軍Su-30MKI戦闘機に搭乗する河野防衛大臣

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. ロシア軍なんて、国民の学力は、北海道の日高、十勝のアイヌ系、胆振支庁のアイヌ系、天皇家ゆかりの地の弥生民族の学力(知能?)。

    ロシアの人口も、周辺国と戦闘ばっかりして、各地を手薄に出来ない上に、それらは日本人と同じ程度の人口。

    しかも、土地が広いので、野球で言うなら、自衛隊が9人で守備するのに対して、ロシアは、キャッチャーとピッチャーと、1塁が居るか居ないかの守備力。

    ゆえに、ロシア(ソ連)は、孔雀のように(たくさんいるように見せる)大嘘が主たる軍事作戦である。

  2. コメントチェックの意味よ