絶滅寸前! 国鉄特急電車の代名詞だった「485系」 残りわずかの車両はどこに?

いまも残る485系電車は?

 現存する485系16両のうち、盛岡支社にあるのは「ジパング」4両です。2012(平成24)年に改造されデビュー。東北地方を中心に不定期で使われています。

 高崎支社には「華(はな)」6両と「リゾートやまどり」6両が在籍。「華」は全車がグリーン車扱いで、客室は畳敷きですが掘りごたつのようになっています。

「リゾートやまどり」は、展望室や畳の席を備えたミーティングルーム「和」などが用意されています。上越線や吾妻線方面へ臨時快速列車として走るときもあり、その際は2+1列のゆったりとした座席が普通車指定席として発売されます。

 しかしこれらの編成も、改造されているとはいえ台車やモーターはほぼ同じままです。同様に485系を改造した「NO.DO.KA」「リゾートエクスプレスゆう」は2018年に、「きらきらうえつ」「宴(うたげ)」は2019年に引退しています。

 残る「ジパング」「華」「リゾートやまどり」も、引退の時期が近付いているといえそうです。

【了】

【写真】健在の485系「華」 車内の掘りごたつ席

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント