飛行機座席クラス ビジネスは「C」 エコノミーは「Y」… 謎すぎる略称なぜ生まれた?

飛行機の座席はクラスが設定されていますが、航空券を見ると「ファーストクラス」は「F」であるものの、「ビジネスクラス」は「C」「エコノミークラス」は「Y」と統一されていません。なぜでしょうか。

ビジネスは「C」、エコノミーは「Y」!?

 飛行機、とりわけ国際線では座席のクラスは数タイプ設けられ、おおまかに上位から「ファーストクラス」「ビジネスクラス」「エコノミークラス」に分けられるというのが一般的です。

 そして搭乗券には、座席番号や名前とともにクラスが記載されています。ただその券面を見ると、ファーストクラスは「First」の頭文字「F」ですが、ビジネスは「C」、エコノミーは「Y」です。なぜこのような不統一が生じているのでしょうか。

Large 200903 class 01

拡大画像

ANAの最新ビジネスクラス「The Room」(2019年、伊藤真悟撮影)。

 ビジネスクラスの「C」のナゾに関わっているのが、かつてアメリカ航空業界のトップに君臨したパンアメリカン航空(パンナム)でしょう。

 戦前、草創期の旅客機は非常にリッチな乗りもので、いってしまえば「ファーストクラス」のみだったそう。その後1950年代には、ファーストクラスとエコノミークラスの2クラスを備えるというスタイルも発生します。

 ところが1970年代に「ジャンボジェット」ことボーイング747型機がデビューし、「団体割引運賃」が導入されたことなどで、特にエコノミーの航空券価格が大きく低下。これにより、エコノミーとファーストの料金差がさらに開いてしまった結果、ビジネスクラスに相当するものが誕生したとされています。

往復180万円!? リッチ極まりないファーストクラス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 飛行機✈️は移動事務所だね。
    ビジネスシートならわたしは東北新幹線グリーン車とかが良いけども。

    • 移動時間は睡眠、休憩時間です。優雅なお仕事ですね。