連節バスいよいよ走る 東京BRT虎ノ門ヒルズ~晴海間 10月プレ運行開始 京成バス

単車8両と連節車1両が走ります。

Large 200908 tbrt 01
東京BRTのプレ運行(一次)では、単車8両と連節車1両が使われる(画像:京成バス)。

 京成バスは2020年9月7日(月)、現在試運転中の東京BRTについて、プレ運行(一次)を10月1日(木)から開始すると発表しました。

 東京BRTは都心部と臨海部を結ぶ新たな交通機関です。BRTは「Bus Rapid Transit」(バス高速輸送システム)の略で、2台分のボディがつながった連節バスの採用や、走行空間の整備などにより輸送力と定時性、速達性を確保するという、バスをベースとした交通システムをいいます。

 区間などプレ運行の詳細は次の通りです。

○運行ルート:虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナル間、新橋~晴海BRTターミナル間
○運行時間:午前6時台から22時台
○運賃:220円(子ども110円)

 乗車には東京都シルバーパスのほか、BRT専用1日乗車券(500円)なども利用できます。

 使われる車両は、燃料電池バスや通常のディーゼルバスといった「単車」8両と、先述の「連節車」1両の計9両です。

 東京BRTは本来、東京オリンピック・パラリンピックの輸送を担うことが期待され、2020年5月にプレ運行を開始する予定でした。しかし新型コロナウイルス感染拡大や五輪大会の延期などにより、開業も延期されていました。

【了】

【運行ルート】虎ノ門ヒルズ~新橋~晴海BRTターミナル間

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 座席と立ち席で満席なんて見たことねーわ