超速ピンポイント提供の渋谷駅そば「本家しぶそば」が閉店 その「2つの謎」に迫る

渋谷駅で40年にわたり営業してきた東急グループの駅そば「本家しぶそば」が閉店。独特の注文・配膳システムなどが特徴で、どうやってその超速ピンポイント提供を実現していたのか、そして味の秘密を探りました。

40年にわたって渋谷で営業 ファンの拍手で幕

 独特のオペレーションによる迅速な提供などで知られた、渋谷駅にある東急グループの駅そば店「本家しぶそば」が、2020年9月13日(日)20時に閉店しました。

 渋谷駅の再開発事業にともなうもので、同店の前身である店舗が、現在地(東急百貨店東横店南館2F内)とは別場所で1980(昭和55)年に開業して以来、40年にわたって渋谷駅を行き交う人々の空腹を満たしてきました。現在地での営業は2005(平成17)年からです。

Large 200913 shibusoba 01

拡大画像

営業終了後にあいさつする「本家しぶそば」伊達店長(2020年9月13日、恵 知仁撮影)。

 運営する東急グルメフロントによると、通常、同店には1日およそ1800名が来店(コロナ禍前の数字)。最終日の9月13日(日)は、別れを惜しむ人で行列も多くでき、平日より来店者が少ない日曜日ながら、通常の約1.5倍となる1271人が来店。閉店時も、数十人の「本家しぶそばファン」が拍手で見送っています。

「普段、お客さまとじかに接することはあまりありませんでしたが、今回、閉店を知って惜しまれるお客さまの声が多く聞かれました。愛されていることを実感しました」(「本家しぶそば」伊達 翔店長)

 この渋谷駅「本家しぶそば」、ファンが多い理由のひとつに、券売機を使わない独特の注文・配膳システムが挙げられるかもしれません。

【写真】そばが見えない!閉店スペシャルメニュー「本家オールスターズ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. >同店には1日およそ1800名が来店(コロナ禍前の数字)。
    はい。

    >平日より来店者が少ない日曜日ながら、
    >通常の約1.5倍となる1271人が来店。
    通常が1800名なら1.5倍で2700名になる気が……逆に減ってません?

    • 平日より少ないって書いてあるやんけ
      日曜の通常が1800/1.5って事だろ