自動車の記事一覧

  • 『艦これ』トラック、東京ビッグサイトに登場

    日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan2015」に、『艦これ』のラッピングトラックが登場。プレゼントもあるそうです。

  • 海老名JCTの猛烈渋滞 どうしてこうなった

    3月8日に圏央道の海老名JCT~寒川北間が開通し、ネットワークが充実しました。しかし大きなボトルネックがあります。「欠陥設計」ともいえる構造で、渋滞が恒常的に発生している海老名JCTです。どうしてそのような構造になってしまったのでしょうか。

  • 太田哲也校長 日本に6台しかない新型「マスタング」でドライビングスクール開催

    レーシングドライバー、そしてモータージャーナリストの太田哲也さんが校長を務めるスポーツドライビングスクール「injured ZEROプロジェクト Tetsuya OTA ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON FORD DAY」が2月28日に開催されました。

  • トヨタはなぜ燃料電池車の発売を急いだのか

    トヨタが2014年末に発表した燃料電池車「ミライ」。燃料電池車は二酸化炭素を出さない究極のエコカーといわれていますが、車の生産体制や水素ステーションの普及にはまだ時間がかかりそうです。ではなぜいま、トヨタは燃料電池車を発売したのでしょうか。

  • クルマの自動運転 立ちはだかる「責任」の壁

    クルマの自動運転は便利になるほか、事故や渋滞を減らせる可能性もあり、今後の実現が待望されている技術です。しかしその前に解決せねばならない、技術面以外の壁があります。「責任の所在」です。

  • レースにも積極参戦 イメージを変更を狙うレクサス

    「スーパーGT」に積極参戦するなど最近、レクサスがそのイメージを変えようとしています。その背景には、はたしてどんな狙いがあるのでしょうか。

  • 9割以上が大間違い 浸透しない電気自動車への正しい認識

    パーク24が「電気自動車」についての意識調査を行ったところ、9割以上の人が航続距離が50km以下だと思っていることが判明。正しい認識が浸透していないことが分かりました。そうした誤った認識は、電気自動車の普及が進まないひとつの理由にもなっていそうです。

  • 累計1500万台達成のスバル水平対向エンジン その原点は航空機に

    生産累計1500万台を達成し、スバルの自動車の大きな特徴になっている「水平対向エンジン」。その開発の原点は、かつて「零戦」などに搭載された航空用エンジンにありました。

  • 活用されない地方の高速道路 イタリアにあるヒント

    高速道路の開通が相次ぐ年度末。地方では無料の高速道路が誕生する一方、費用対効果が悪く通行量が非常に少ない、「宝の持ち腐れ」になっている高速道路が多く存在しています。どうしてこうなってしまったのでしょうか。またこの問題、どうすべきなのでしょうか。イタリアにそのヒントがありました。

  • ホンダの軽乗用車「N」シリーズ 累計販売が100万台を突破

    ホンダの軽乗用車「N」シリーズの累計販売台数が、2015年2月末時点で100万台を超えました。2011年12月に「N」シリーズ第1弾モデル「N-BOX」を発売して以来、38ヵ月目での突破です。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」