矢印信号のメリットとは? 意味ある「←↑→」同時点灯 「青」にしないワケ

一般的に矢印信号は右折で使われるケースが多いですが、なかには左折・直進・右折の矢印が同時点灯することもあります。そうする背景には、矢印信号ならではのメリットがありました。

右折・左折が多い、歩行者が多い…矢印信号で円滑に

 一定以上の大きな交差点では、赤、黄、青の信号のほかに矢印信号が付属することがあります。青の矢印信号は、「車両だけが、黄色や赤色の信号にかかわらず矢印の方向に進行できる」ということ。場所ごとの交通需要をさばき、かつ安全性を高めるために用いられます。

 よく見るのが、青信号の後、黄色を経て赤になるのと同時に右折矢印を出すケースでしょう。この間、対向車線の直進は赤なので、直進車に阻害されず右折できます。また右折先の歩行者信号を赤とするのが基本の運用ルールであり、右折需要に応え、かつ歩行者と車両の事故を防いでいるのです。

 左折の矢印が出る場合も同様です。まず直進の矢印と歩行者用信号が青になり、左折の矢印が出る際には、歩行者用は赤になるといった運用が見られます。交差点における方向別の交通量や、横断歩行者の量に応じて、車線ごとの処理をしたい場合に、矢印信号を順次点灯していくケースがあるわけです。

Large 200914 yajirushi 01
矢印信号の例(画像:写真AC)。

 なかには、左折・直進・右折の矢印が同時に点灯することもあります。

 これは簡単にいえば、時差式信号の代わりです。対向車線側よりもこちら側のクルマを先に通したい場合に使われます。公益財団法人 日本交通管理技術協会(東京都新宿区)によると、右折車が対向の直進車に阻害されないことに主眼が置かれているものの、「このときに左折と直進を点灯させても差し支えがないので」全方向を点灯するケースがあるそう。幹線道路へ右折するクルマが多い場所などに見られるといいます。

 この際、3方向矢印ではなく時差式の青信号にした場合、ドライバーは「対向車や歩行者が来る」と思い、対向側が赤だったとしても、流れを阻害する恐れがあるそうです。

【了】

【クイズ】右折矢印でUターン可能 〇か×か

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 「矢印信号」がない時差式信号機の場合、確かに右折しようにも本当に対向車は止まっているかどうか一瞬不安に思ってしまう人もいるようです。