羽田空港「跡地」未来感たっぷり再開発 羽田イノベーションシティ開業 ロボそこらじゅうに

羽田空港エリアの「空港跡地」に複合施設「羽田イノベーションシティ」が開業しました。 先端モビリティや医療の拠点としても整備された施設内では、そこらじゅうをロボットが動き回っています。

先端モビリティ・ロボットのショーケースのような施設

 羽田空港エリアで整備が進む大規模複合施設「羽田イノベーションシティ」のうちの「2020年開業エリア」が、9月18日(金)に本格稼働をスタートさせました。

 場所は天空橋駅(京急/東京モノレール)の直上。もともと空港施設がありましたが、拡張の過程で使われなくなり、広大な更地になっていた所です。鹿島建設はじめ9社が出資する「羽田みらい開発」と大田区が官民連携で再開発を進めていました。

「先端技術と日本文化の融合による新産業創造・発進拠点」と銘打たれた複合施設は、先端モビリティセンター、先端医療研究センター、研究開発ラボ、会議研修センター、体験型商業施設などが集まる計画で、国土交通省が推進するスマートシティモデル事業の先行モデルプロジェクトに選定されています。

Large 200918 haneda 01

拡大画像

羽田イノベーションシティ内のロボットなど(2020年9月18日、乗りものニュース編集部撮影)。

 施設内には、案内ロボットや掃除ロボット、飲食店内では配膳ロボットなどが、そこらじゅうを動き回っていました。なかには、4つ足で歩く犬のような巡回警備ロボットも。そのほか、自動運転バスや自動運転電動カート、自動運転車いす、電動アシスト人力車まで、人が乗る先端モビリティも多数。このような先端的なロボットやモビリティの社会実装に向けた実証実験の拠点でもあるのです。

 羽田イノベーションシティは、今回が先行オープンの位置づけ。グランドオープンは2022年で、今後さらに大きくなる予定です。

【了】

★★羽田イノベーションシティのゆかいなロボットたちを写真でチェック★★

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント