「旅客機内から都市の大気を観測」その方法は? 人工衛星技術を応用 JAXAとANA連携

飛行機の中から、外の大気を分析します。

Large 200928 anajaxa 01
関東平野の二酸化炭素排出量を観測する衛星「いぶき」のイメージ(画像:ANA)。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)とANAホールディングス(ANAHD)は2020年9月28日(月)、人工衛星と旅客機から都市域の大気成分などの分布を観測する共同研究を開始すると発表しました。

 JAXAは2009(平成21)年以来、観測衛星「いぶき」(GOSAT)で地球全体の温室効果ガスの増加を捉えてきました。今回の研究は「いぶき」の観測技術を応用したJAXAの観測機器をANAの旅客機内に持ち込み、主要都市における二酸化炭素や二酸化窒素など大気の詳細な濃度分布を観測します。具体的には地表面で反射した太陽光を、客室の窓を通して取り込み、光の波長から大気成分濃度を推定する方法です。

 このデータと「いぶき」などの人工衛星のデータを組み合わせることで、人工衛星だけでは把握が困難だった都市域における人間活動に伴う温室効果ガスの排出量を、交通・産業などの発生源別に評価するといいます。まずは羽田~福岡線で観測実験が始まる予定です。

 そして将来的には、人為起源の二酸化炭素排出量の7~8割を占めると考えられている都市域における温室効果ガスの排出量削減策の検討や、削減効果の評価に役立つデータを提供し、世界各国に温室効果ガス排出量削減のための対策を義務付けたパリ協定への貢献を目指すということです。

【了】

【写真】旅客機内で行う都市の大気観測

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント