見えてきたJAL系LCC「ZIPAIR」 国際線展開堅持の理由 航空券の値段は? 社長が明かす

新型コロナの影響で「数奇なデビュー」を果たしたJAL系LCC「ZIPAIR」。「国際線展開」を続ける同社の西田社長が報道陣からの質問に答えました。今後のプランや航空券の値段などなど、その姿が徐々に明らかになっています。

今後は機数を増加 でも「長期戦」もありうる国際線市場

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、これまで旅客機を用いた貨物便を運航していたJAL(日本航空)グループの国際線LCC(格安航空会社)、「ZIPAIR(ジップエア)」。いよいよ旅客便を、最短で10月から就航させる見込みを発表しました。2020年9月28日(月)、同社の西田真吾代表取締役社長が報道陣からの質問に応じ、そのプランや内容が明らかになってきました。

Large 200928 zp 01

拡大画像

貨物便として運航開始したZIPAIRの商業運航初便(2020年6月、乗りものニュース編集部撮影)。

 新型コロナの影響で、「数奇なデビュー」を飾ったZIPAIR。現在、貨物便でソウル線、バンコク線を運航中で、今後は最短10月25日以降に、3路線目のホノルル線を開設予定です。また、現在2機の体制で運航を続けている同社ですが、将来的に機数を「半年に1機」のペースで増やすといいます。

 とはいえ、航空会社への新型コロナの影響は甚大で、国内線、国際線ともに、かつてのような旅客数に達するにはまだ時間がかかります。とくに国際線は、2国間の渡航制限などの影響があることから、賑わいを取り戻すまでいわゆる「長期戦」になる可能性も見込まれます。

 国内初の「国際線中長距離LCC」をうたう同社、その方針を転換し、需要の戻りが早まるであろう国内線の就航を始めることについて、西田社長は「いまのところ、それは検討していない」と話し、今後も国際線展開を続ける方針だとしています。

LCCっぽくない? 写真で見るZIPAIRの上位クラス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント