アメリカ海軍の最新鋭イージス駆逐艦「デルバート・D・ブラック」就役

1番艦の就役から四半世紀以上、いまだ新造が続くイージス駆逐艦の最新鋭艦です。

 2020年9月26日(土)、アメリカ本土のフロリダ州ポートカナベラルにおいて、アーレイバーク級ミサイル駆逐艦「デルバート・D・ブラック」の就役式典が実施されました。同艦は大西洋艦隊に配備されます。

「デルバート・D・ブラック」は、1991年7月4日に1番艦が就役したアーレイバーク級イージス駆逐艦の最新鋭艦で、68番目の艦になります。

Large 201002 ddg119 01

拡大画像

2020年9月26日、「デルバート・D・ブラック」の就役式典の様子(画像:アメリカ海軍)。

 艦名は、1967年1月に初代アメリカ海軍最上級上等兵曹(マスター・チーフ・ペティ・オフィサー・オブ・ザ・ネイビー)となったデルバート・ブラック上等兵曹に因んだもので、本人はすでにこの世を去っているものの、就役式典には存命中の夫人をはじめ家族が立ち合いました。

「デルバート・D・ブラック」は、アーレイバーク級のなかでも改良型にあたるフライトIIAと呼ばれるタイプで、初期建造艦よりも船体サイズが大きくなり、後部に艦載ヘリコプターを2機収容できる格納庫があるのが特徴です。また艦橋の4面に装備したフェイズド・アレイ・レーダーや艦首喫水線下のソナーなども新型に更新されています。

【了】

【写真】テスト中、大海原を行く「デルバート・D・ブラック」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント